母の日のはじまり

アメリカの女性教師が開いた「母をしのぶ会」が起源

 

母の日のはじまり

1907年5月12日、アメリカ・ウエストヴァージニア州の女性教師アンナ・ジャービスは、亡くなった母親をしのぶために、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を開きました。母をとても愛し、尊敬していたアンナは、その席で「国じゅうで母を讃える日をつくろう」と呼びかけました。

 

 

その想いは多くの人の共感を呼び、ウエストヴァージニア州で母の日の制定が認められたのを機に、母の日制定の運動は全米規模に拡大。

 

1914年にウィルソン政権下のアメリカ連邦議会は5月の第2日曜日を「母の日」と定める法律を可決しました。翌1915年の施行によって、ここに国家規模で認められた「母親の記念日」が世界に登場するのです。




地域社会のために活動した母、アン・ジャービス

アンナのお母さんはアン・ジャービスといい、地域の医療や教育に生涯を捧げ、1905年に亡くなりました。当時のウエストヴァージニアは医療水準が低く、11人兄弟の中で成人できたのはアンを含めて4人しかいなかったほどです。

 

敬虔なクリスチャンだったアンは、地域の医療・衛生環境の向上のために「Mothers Day Work Club」というボランティア団体をつくり、病気で苦しんでいる人のための募金活動や、食品検査や公衆衛生の活動などに取り組んでいました。その活動が広く知られるようになったのは、1861年の南北戦争のときです。

 

 

アンが夫と暮らしていたウェブスターは北軍と南軍の両方が駐屯しており、双方で感染症などの病気が流行していました。その際、彼女達の団体は北軍、南軍に関係なく、苦しむ兵士達に手を差し伸べ、懸命に看護したと言われています。

 

戦争終了後もアンは南北の融和のためにイベントを開いたり、教会の日曜学校で子ども達に勉強を教えるなど、地域のために尽くしました。そんな母の姿を間近で見続けた娘アンナが、母を讃える日をつくろうと立ち上がったのも納得ですね。 

母の日に避けたいプレゼント

実の母ならいいけど、嫁ぎ先のお義母さんに贈るときのプレゼントは、特に気を使いますよね。なるべく、避けたほうが良いプレゼントをご紹介します。

 

ハンカチ

  ハンカチは「てぎれ」ともいい、手を切る(縁を切る)ということを連想します。

 

靴などの履物

  人を踏みつけるというイメージがあります。

 

くし

  「苦」と「死」をイメージしますので、おめでたい時などは避けたほうがいいですね。

 

刃物

  印象が悪いです。


更新履歴